お知らせ

山形県遊技業協同組合 > お知らせ

(県遊協)山形県少年補導員連絡会へ性的搾取(子どもの性被害)未然防止対策ポスター200枚を寄贈

2019/02/01

寄贈先 山形県少年補導員連絡会
寄贈物 性的搾取未然防止対策ポスター200枚
寄贈額 19.9万円 
 
 
 全国的に福祉犯事件が増加傾向にある中、山形県においても、SNSを介した性的犯罪や児童ポルノ事犯、県育成条例違反等児童の性的搾取の問題が発生しており、特に会員制交流サイトで少女らに自ら、わいせつな写真を撮影させて送信させる「自画取り被害」は深刻な情勢となっています。
 そこで、子ども達の心に響くメッセージ「守れ!YMGT(児童ポルノは、Yやらない、Mもたない、G自画取りしない、T撮らせない)を合言葉に、撮らないことが最強の防御。山形県遊技業協同組合」等を記載したポスター200枚を作成し、当組合から山形県少年補導連絡会に寄贈しました。
 寄贈したポスターは、県内の中学校・高校をはじめ、官公署等で掲示されます。

【写真前列左から】
渡辺専務理事・井上理事長・山形県少年補導員連絡会石黒謙一副会長・四釜明生活安全部長

【写真後列左から】
鈴木事務局長・モンテディオ山形マスコット「ディーオ君」・県警マスコット「カモン君」・柿本紀彦少年課長


(県遊協)山形県少年補導員連絡会へ性的搾取(子どもの性被害)未然防止対策ポスター200枚を寄贈(県遊協)山形県少年補導員連絡会へ性的搾取(子どもの性被害)未然防止対策ポスター200枚を寄贈